橋梁

GECS工法製品詳細へ

GECS工法は、損傷の激しい橋梁桁端部(桁端部から2m程度)に特殊機械を用いて電気防食工法を施工する工法です。

橋梁の再劣化予防およびライフサイクルコストの低減化をはかります。


ページの先頭へ戻る

Copyright © Nexco-Engineering Tohoku Company All Rights Reserved.